インフルエンザの潜伏期間
インフルエンザの潜伏期間

B型インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザの潜伏期間関連キーワード

インフルエンザの潜伏期間関連のキーワードを調べてみました。
こんなキーワードで検索されているんですね。

インフルエンザ 潜伏期間 12,033 回
インフルエンザ a型 潜伏期間 839 回
インフルエンザ b型 潜伏期間 687 回
インフルエンザ 潜伏期間 感染 411 回
インフルエンザ 潜伏期間 うつる 157 回
a型 インフルエンザ 潜伏期間 97 回
b型 インフルエンザ 潜伏期間 90 回
インフルエンザ 潜伏期 間赤ちゃん 84 回
インフルエンザウイルス 潜伏期間 60 回
インフルエンザ b 潜伏期間 59 回


インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザの潜伏期間

 

インフルエンザの潜伏期間はおよそ1日〜3日と言われています。ここ5年くらい前からですかね、冬が近づくとインフルエンザ、インフルエンザって日本中が騒ぎだしたのって。インフルエンザは空気感染ですからやっかいです。


インフルエンザの潜伏期間中は高熱が38度以上、吐き気などが主な症状で、この高熱が3日くらい続くのですから、インフルエンザの潜伏期間は本当に辛いです。


熱が下がってもあと3日くらいは安静にしていたほうがいいので、やっぱり1週間くらはインフルエンザの潜伏期間としては必要ですね。


インフルエンザの潜伏期間と思われる期間は、会社を休まないとならないし学校もお休み、そういえば今年はインフルエンザの潜伏期間中近くの小学校、学級閉鎖してたもんなぁ。今はタミフルという薬があるから早い時期にに治るかもしれませんが、子供にはあまり飲ませたくないですよね。


せっかく予防接種しても、マスクをしたり、うがいをしたりしていても、電車のとなりに座っている人がインフルエンザだったらと思うとこわいこわいです。


インフルエンザの潜伏期間にうつる

インフルエンザの潜伏期間にうつる

 

インフルエンザの潜伏期間にうつる可能性は90%っと私のかかりつけの先生は言ってました。子供が出来た頃からいつも行っている我が家と同じ苗字のお医者さんでなんだか親しみ沸いてます。空気感染するインフルエンザ、インフルエンザの潜伏期間にうつる可能性って本当に90%もあるのでしょうか?


伝染病として登校許可が必要なものは、風疹やみずぼうそう、はしかももちろんですし、そうそう今年うちの子「りんご病」になりました。りんご病も伝染病なのでうつると聞いていましたが、インフルエンザの潜伏期間にうつる可能性に比べたら少ないそうです。それくらいインフルエンザの潜伏期間にうつる可能性は高いということですね。


2年前、夫がインフルエンザになってその日の帰り、予防のためにとかかりつけの先生の所へ行ったら「ご主人はたいへんですから気をつけて」と言われ、帰ってみると本当にひどかったです。それから2時間ほどして私の体に異変が起こり、バタンキュ〜。インフルエンザの潜伏期間にうつる可能性は100%私が証明しました。


A型インフルエンザの潜伏期間

A型インフルエンザの潜伏期間

 

A型インフルエンザといっても何がA型なのかよくわかりません。はじめ私は血液型がB型なのでインフルエンザはB型にしかかからないと思っていました。そう思っていた人いませんか?でもO型じゃなくてC型だっていうのがあるのだからおかしいなとは思っていたのですが。それにAB型の人はどちらもなるのか、それともA型が終わったらB型になるのか、不思議でした。ところでA型インフルエンザの潜伏期間はほかとは違うのでしょうか?


A型は香港型とソ連型とあります。A型インフルエンザの潜伏期間もやはり3日くらい、早い人では1日でウイルスが排出されるそうです。A型インフルエンザの潜伏期間が終わって安心してると又どこからかもらってくる可能性もあるのでご注意下さい。


インフルエンザはタイプの違うものがあるので、A型インフルエンザの潜伏期間が終わったからと言ってもB型をもらってくる場合があるのです。A型インフルエンザの潜伏期間が終わるとA型の免疫が出来るだけでB型の免疫はないわけですのでうつってしまうのです。


B型インフルエンザの潜伏期間

B型インフルエンザの潜伏期間

 

そもそもインフルエンザとはインフルエンザウイルスによる急性感染症のことですから、ウイルスが体中にウヨウヨいるって思うと、気持ち悪いです。


B型インフルエンザの潜伏期間はA型ともさほど変わりはないようですが、何がちがうといえば種類ですよね。うちのかかりつけの先生に聞くと、抗体とか糖蛋白とかの質が違うって言っていましたが、どちらも辛さは変わらないとのこと。


でもaとかbとかcとか言うくらいですから、なんとなく順番が気になりませんか?aが一番辛いとするとbは2番目、ということはB型インフルエンザの潜伏期間はA型よりも短くなったりして。ちなみにc型は子供に多いそうですよ。


顕微鏡で見ると、丸くて小さい塊のB型インフルエンザの潜伏期間にA型のインフルエンザの人と関わったら、B型インフルエンザの潜伏期間が延長されてしまうかもしれません!本当に恐るべしインフルエンザ。


顕微鏡の中でのインフルエンザウイルスってマリモみたいにかわいく見えますが、でもこのマリモがB型インフルエンザの潜伏期間中にずっと体内にいるのだと思うと本当に気味が悪い・・・。


しかし気をつけなくてはいけないのが2次感染です。2次感染は死に直面する事もあるそうです。2次感染とは、B型インフルエンザの潜伏期間が終わっても今度はA型になる可能性があるという恐ろしい感染です。


インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケア

インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケア

 

大切な赤ちゃんがインフルエンザになったら大変です。インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアを勉強しておかないと!!


まず、普通の風邪と違うのはグッタリ、とにかくグッタリ元気がなくなるそうです。普通の風邪なら熱があっても意外と元気に走り回っていたりしますから、全く違うのです。インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアとして一番大事なのは水分補給ですね。お水よりもイオン水のほうがいいです。これは大人でも同じこと。「アクアライト」という小児科でも売っているのがいいでしょう。そしてインフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアで次に大事なことは冷やすこと。頭を冷やすよりも、わきの下とかオムツの股のところに冷たいタオルを挟みます。服装は肌着だけか、オムツだけ。これでかなり熱は逃げるはずです。


インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアをしていて一番心配なのは食事ですね。絶対に食欲はないので母としては困ります。私がやっていたのは野菜ジュース。ミキサーにかけてから大体10倍くらいの水で薄めて飲ませていました。後はお医者さんにお任せです。


タミフルは怖いので使いませんが、お医者さんと相談をして症状にあわせて使用するのがいいですね。最後に必要なことはお母さんの「力」です。インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアは大変かもしれませんが、もともと”てあてをする”ということは”手当て”をするということなのでたくさん赤ちゃんに触れてコミュニケーションをとりましょう!