インフルエンザの潜伏期間
インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケア

インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケア

 

大切な赤ちゃんがインフルエンザになったら大変です。インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアを勉強しておかないと!!


まず、普通の風邪と違うのはグッタリ、とにかくグッタリ元気がなくなるそうです。普通の風邪なら熱があっても意外と元気に走り回っていたりしますから、全く違うのです。インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアとして一番大事なのは水分補給ですね。お水よりもイオン水のほうがいいです。これは大人でも同じこと。「アクアライト」という小児科でも売っているのがいいでしょう。そしてインフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアで次に大事なことは冷やすこと。頭を冷やすよりも、わきの下とかオムツの股のところに冷たいタオルを挟みます。服装は肌着だけか、オムツだけ。これでかなり熱は逃げるはずです。


インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアをしていて一番心配なのは食事ですね。絶対に食欲はないので母としては困ります。私がやっていたのは野菜ジュース。ミキサーにかけてから大体10倍くらいの水で薄めて飲ませていました。後はお医者さんにお任せです。


タミフルは怖いので使いませんが、お医者さんと相談をして症状にあわせて使用するのがいいですね。最後に必要なことはお母さんの「力」です。インフルエンザ潜伏期間の赤ちゃんのケアは大変かもしれませんが、もともと”てあてをする”ということは”手当て”をするということなのでたくさん赤ちゃんに触れてコミュニケーションをとりましょう!